メッセージ

癒詩家 伊本翔一朗です。こんな考え方でも気に入っていただけたらどんどん応援してください。(2001年現在)

ぼくは万人に受け入れられようという気はありません。プロフィール欄にも書いたように「ぼくのことを気に入らないと思った方」にまで方向性を認めてもらおうという努力はしない。それはそれでいいと思うんです。それはその人の主張だから。もう一つの理由は、「気に入らない」と思っている以上、その人の心にぼくの存在が残っているからです。活動当初から「名前を覚えてもらうこと」「こんなことをする人がいること」を覚えてもらうことに重点を置いてやってきました。したがって上記のようにアンチファンができることも肯定しながら、良くも悪くも覚えてもらうことに力を入れてきました。それをエゴといわれれば、その意見を否定しません。しかしながらこれもぼくの考えですから。だから「326さんのぱくり」とか「みつをさんのぱくり」とか言われても気にせず続けてます。「名古屋の326」とか「平成の相田みつを」とか言われるぐらい心に残ればそれでうれしいから。「へたくそ」とか「そんなのあたりまえだよ」とか「生活感がなさすぎ」とか言われても気にしません。だってほんとのことだから。そう思う人の心は否定できません。でも認めてくれる人、涙してくれる人、喜んでくれる人がいるからこれからも続けていくんです。一度この活動をやめることを決意したことがありました。そのあと少しの変化で反響が出てきたときこう思いました。「認めてくれる人が一人でもいてくれれば活動を続けて行ける。たったひとりの「誰かが」が増え、限りなく「誰もが」に近づけばそれでいい。」僕のやり方では反対する人、嫌う人、多数出てくると思います。(それができなかったときは敵をたくさん作ったただの口だけのアホだ。と笑って罵ってやってください。自分自身ではそれを乗り越えられるよう自分を追い込んでやっています。この考えに賛同していただける方は応援してください。あなたの心に残るように頑張っていきます。(一部自己紹介項から抜粋)


最近、イベント時に、足を止めて作品を見てもらった方にはフライヤー(といっていいほどのものかどうかわかりませんが)をわたします。上記のように名前を覚えてもらうことに重点をおいて活動しているため、とにかく持っていってもらうことをお願いしています。一度拒否されても「持ってくだけ持ってってください」とわたします。この手法に対しても賛否両論あると思いますが、一度拒否した方も、手にしたフライヤーをしばらく目を通すというのがよく目にする光景です。もしかしたら何気なく受け取る方より、一度拒否した方のほうが注意深く読むという傾向もあります。しかし、もしかしたら「うっとうしいやつ」という認識でフライヤーを目にしているかもしれませんが、それでも構いません。名前や存在を少しでも心に届けてもらえれば…。もちろん、フライヤーを受け取らないというその主張を否定はしませんが、これも当初の考えと最近の傾向から出したやり方です。「そんな人ほっとけばいいがね」とお思いでしょうが、どのようなパフォーマンスをするか、パフォーマンスを見るだけの人もいますが、大規模なイベント時にパフォーマンスをする際、最前列にこのような方がいると、他のお客さまの妨げになるからです。さらに、このような場合、人が人を呼びすぎて、収拾がつかなくなること、人があふれすぎ、あとから来た希望者が輪の中には入れなくなるためです。また、最前列で構えられると威圧感があり気になり集中力に欠けるわけです(フライヤーを受け取ってもらった方は構えられても多少の安心感があります)。即興詩を体験される方は、性格診断結果でも消極的な方も多く、このような威圧感をいやがるために、機会を逃すという方もみえます(並んでいる方が前に方の内容を見ることもありますが、その方々は自らが同じことになることをわかっているため、強い視線では見ないと思います)。このようなことがあるため強引にでもフライヤーを渡すということをご理解ください。したがってまたその姿を見て、精神的な苦痛に及んだ方もあるかもしれませんが、この点をご理解いただければと思います。良くも悪くも覚えてもらえればヨシと思っています。


では悪印象を受けた方にはどうするか。その人から口コミで悪い噂がどんどん流れるかも…。でもいいんです。その対処は簡単(?)なことなんです…。もちろんメディアを使えばですが…。口コミでもそのあたりの対応も変化が出てくると考えています。詳しくは企業秘密です。このあたりは独自の考えの戦略があります。これでダメでもその「失敗」を「経験」と呼び、次に活かしていければと考えています。それでもムリだったときは、敵をたくさん作ったただの口だけのアホだ。と笑って罵ってやってください。


ということで独自のメッセージをいくつかご覧ください。

まずは、
作品集「はじめての贈り物」(まえがき)より

ぼくたちは「コトバ」を持つ生き物です。
誰もが持っているコトバだからこそ表現の方法が大切なんだと思うんです。
簡単なコトバでも伝わるんです。
ぼくは難しいことは書けません。
書道を習っていたわけでもありません。
それでもコトバを書いています。
ただ格好いい言葉を残したい
ただコトバ遊びをしたい ・・・それだけかもしれません。
ぼくのコトバは誰もが考えるコトバかもしれません。
それでもコトバを見て笑顔を、涙を見せてくれる人がいるんです。
そんな気持ちがうれしいからコトバを書き続けることができたんです。

ありがとう。


犯罪について考えたものです。

戦争は犯罪であろう。(たぶん。個人的な意見ですが・・・。)
もちろん 重犯罪だけを非難するという風潮もどうかと思われる。
私は飲酒運転もしたこともあったし、スピード違反もしたこともあった。
軽犯罪を犯している人間がこんなことを言っていても説得力はないし、
言う資格もないかもしれない。

武力行使反対。
他の動物や植物たちから見たら私たちが生活の中で行っている行為は武力行使にあたるだろう。
それでも同じ人類で刃を向け合う。
そんな行為を続けていては同じことの繰り返しではないだろうか・・・。

「歴史は繰り返される」

そうならないことを願う。
もちろん彼らの価値観を否定するつもりはない。
私の考えを表現してみただけである・・・。

江ノ島の龍恋の鐘のあたりにこんなような詩を落書きしてきました。
関係者の皆様 ジャマだったら消してやってください。

(この作品は2003.3.27ジャズドリームにてパフォーマンスで思いつきで書いた巨大作品です。)


あんたは何物だよ?と思った瞬間。

最近活動しててな。こんなことを言うやつがおんねん。
「君は本を読んでないだろ?」
あんたアホちゃうか?
本読まな世界広げられやんと思とる。ほんまアホやな。
本を読むっゆうんは誰かの文化を取り入れることっちゃうん?

学生時代の専門書に「最新・・・」とかゆう教科書
ぎょうさん買わされたと思うねんけど。
あれって書き始めた頃は最新かもしれんけど
書き終わって印刷して流通することにはほんまに最新なん?って思うねん。
本ってそんなモンちゃうの?出したときにはもう古いねん。
それにさあ、本を読むことが大切なんやったら
学校なんていく必要ないっ思うねん。
友達と接すること、誰かと接することのほうが大切なんちゃうん?
学校って本読みに行くとことちゃうねん。
本読む以外にもっと大切なことってあるはずやで。

話がとんだけども
「君は本を読んでないだろ?」って聞かれたら
「うん。そんなことは必要ないと思ってるんで。」って答えんねん。
本を読んでまで誰かの文化に染められたくないねん。
知らんうちにその誰かの表現取り入れてるかも知れへんし。
もちろんこうゆうんは個人的な意見やねん。
聞いてきた人にはその人なりの考えがあると思うねん。
あんたの考えはあんたの考えでええやん。
考え方がちゃう人にまで無理に認めてもらおうなんて気はないねん。
いろんな詩を書いとる人間がこんなこといっとたらあかんと思うねんけど
そんな人にもこんなアホなやつがおるって思ってもらえればええと思うねん。
多数決で100%になることってないやろ?
万人に見とめてもらわんでもええねん。
気に入ってくれた人だけでええねん。


あとやっぱり口コミって考えたらみなさんのお力は大切なんですよね。

みなさんでこんな波をおこしてみませんか?


伊本翔一朗の存在を広めて応援してみる。
こんな人がいることを周りのお友達やメディアなどにどんどん広めてみてください。
また作品などをよく見える場所に入れて持ち歩いてみる。(わざと置き忘れてみる)

作品集「はじめての贈り物」を買って応援してみる。
全国書店で発売中。お近くの書店でぜひとも注文してください。周りのみんなにも広めてみてください。

携帯版のホームページを見て応援してみる。
どこでも自分で情報を収集したり、周りのみんなに携帯版のアドレスhttp://www.iyashiya.net/k/を紹介して広めてみる。

伊本翔一朗と直接逢って応援してみる。
イベントや路上などで本人や作品などとふれあってみる。お友達と一緒に遊びに来てみてください。

作品を購入して応援してみる。
作品があるお店やイベントなどで作品を購入してお友達、ご両親などにプレゼントして広めてみる。またよく見える場所に入れて持ち歩いてみる。
さらに、依頼があれば、オリジナルで詩や似顔絵を書いてお送りします。誕生日や結婚式にいかがでしょうか?

掲示板「NET版 ココロの音(ノート)に書き込みをして応援してみる。
みなさんの反響が一番の力になります。直接伝わるその声をどんどんください。
詳しくはこちら(掲示板へ)。

メールを送って応援してみる。
みなさんの反響が一番の力になります。直接伝わるその声をどんどんください。
詳しくはこちら(メール送信へ)。

作品などを販売して応援してみる。
お店をやっている方など見えましたらいかがでしょうか?ポストカード等、置いていただけませんでしょうか?

伊本翔一朗を呼んで応援してみる。
お店やイベントなどでいかがでしょうか?書き下ろしパフォーマンスでお客さんを集めます。いかがでしょうか?

その他の業務的なお話はこちらまで。

自己紹介 選択に戻る

 




(下記“backアイコン”はJavascriptを使用しております。ケータイからご覧の方でエラーが出ましたら「クリアキー」でお戻りください。)